薄毛が始まった時のこと

僕は、若いうちから薄毛で悩んできました。

初めて薄毛かもと思ったのは、20代前半です。

20代前半で薄毛になる気持ち、わかります?実際にそれくらいの歳で薄毛になった人ではないとわからない気持ちかも知れません。

20代前半なんて、一番楽しい時期ですよね。

大学を卒業し、社会人になり、会社は大変だけど、飲み会や合コン、遊ぶときは思いっきり遊んで楽しいことづくし!何より、女の子にもてたい!と強く思う時期です。

そのために、見た目には気遣うし、オシャレは欠かせません。

髪の毛のスタイリングも時間をかけてし、ワックスは常に持って歩く・・。

そんな日々を過ごしていたのですが、ある時よく見てみたら一部が薄くなっていったことに気が付きました・・。

え?えーーー???と心中で叫びましたよ。

実際に口からも「まじかよ・・。」と言ってしまうくらいに驚きで、人生終わった・・とまで思いましたから(笑)。

しかも、それからは、その薄くなってしまった部分はだんだん広がる一方で、スタイリングで頑張って隠していましたが、隠し切れないくらいにまでなっていったのです。

心の中では自然に治るから大丈夫と思っていたのですが、これは、もうだめだ・・と思い、http://buysellphil.com/で調べ、出来ることをやってみようかな・・と思い始めたのです。